1. TOP
  2. キャプテン翼が世界一愛されるサッカー漫画になったワケ

キャプテン翼が世界一愛されるサッカー漫画になったワケ

マンガ考察 この記事は約 4 分で読めます。

「誰もが知ってるサッカー漫画」と言われた時に、
おそらくほとんどの人はキャプテン翼を思い浮かべるんじゃないでしょうか。

世界でも愛され、日本でも社会現象を起こしたキャプテン翼。

その理由を考察してみました。

キャプテン翼の漫画は意外と売れてない?

日本でのサッカーの認知度向上において、切っても切れないキャプテン翼。
今年はワールドカップイヤーということもあり、
3月から「キャプテン翼 ライジングサン」という新シリーズがスタートするそうです。

でもなぜか題材はオリンピック優勝を目指すというストーリーですけどね(笑)。
ともあれ切れ切れながらも連載を続けているキャプテン翼は、
未だにサッカーの認知度や地位向上に一役買っています。

 

Jリーグの選手はもちろん海外の選手にもファンは多く、
4年連続でバロンドールを受賞したバルセロナのリオネル・メッシもその一人だそうで。

アルゼンチン、ブラジルなどの南米、イタリア、フランス、スペインなどのヨーロッパ、
その他アジア各国でも広まっています。

日本でも「サッカー漫画といえばコレ」という認知度ですが、
意外にも累計発行部数は国内において、全シリーズ合わせて7000万部程度。
海外でも1000万部程度とのことです。

 

少ないと思いませんか?

というのも、キャプテン翼は全シリーズ合計すれば現時点で90巻ぐらい出ています。
なので単純に割ると、一巻あたり約76万部程度。

認知度から考えると意外な気がしました。

 

「日本のサッカー場は僕らのより100倍広いのか?と思ってた。」

それなのにどうして世界で愛されてるかというと、やはりアニメの力が大きいと思います。

キャプテン翼が世界中で愛されるわけ、
それはズバリ「ツッコミどころ満載な所」です。

「ドライブシュート」「ツインシュート」「スカイラブハリケーン」など、
超人的な必殺技は見るものの興味も心も奪いました。

 

そして更に突っ込みどころ満載なのは、試合展開や動き。

「日本のサッカー場は僕らのより100倍広いのか?と思ってた。」
というのは、サッカー元ブラジル代表、カフーの言葉です。

でもつまりは、これに集約されるんじゃないかと。
ゴールは長いし、1分がなかなか経たないし、シュートをなかなか打たない(笑)。

 

超人的な必殺技と合わせて、そんなありえない展開が少年の心をガッチリキャッチしたんでしょう。
まあ、普通にやったらジャンプの連載に追いついてしまうために、
時間稼ぎの苦肉の策だったとは思いますけどね。

ともあれ結果的にはそれが更なる魅力に繋がり、
余計に世界を含めた子供を掴んで離さなくなりました。

実際海外の選手はアニメに影響されているのは、このあたりでもわかります。

スペイン代表 イニエスタ選手
05

 

ドイツ代表 ポドルスキ選手のすねあて
2014-02-09_173032

 

とはいえ私も実際突っ込んでたクチです。
「シュート打つまでで30分終わっちゃったよ!」、って(笑)。

それでも見たのは、やはりツッコミたかったのと(笑)、
スーパープレイや必殺技に夢があったからです。

一部はなんだか自分でもできそうだと思い、
オーバーヘッドとかヒールリフトとか練習しました。
ポストもよじ上りましたし。

そんな「できそう」な描写を実は作者の高橋先生は考えてたそうですけどね。

 

ともあれツッコミどころから興味を引いていく。
あえて隙を見せることで会話を広げていく。

これって漫画やアニメじゃなくても使えますよね。
キャプテン翼、勉強になります。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 黒子のバスケとスラムダンクの世界の違い!バスケで描きたいものは?

  • アフィリエイターはバーテンダーを目指せ!~ライバルと競合と飽和~

  • ちはやふる女帝の言葉がずっしり響く。学生時代に聞きたかった

  • 人を凌ぐってのも楽じゃねェ!空島と出す拳の見つからないケンカ

  • 黒子のバスケはアニメ化前に打切り寸前だった?PRや広報の重要性!

  • 神のみぞ知るセカイが好き過ぎて~異世界との握手の重要性とその手法~