1. TOP
  2. 【ネットビジネス用語集】せどりとは?

【ネットビジネス用語集】せどりとは?

用語集 この記事は約 4 分で読めます。

せどりとは、簡単に言えば転売です。

掘り出し物を見つけてきて他の人に売り、
そこで出た利益で稼ぐという手法。

ひらがなで書くことが一般的ですが、
一応漢字では「競取り」と書くそうです。


せどりの一番のメリットは?

「せどり」と聞くと馴染みが薄い気がしますが、
転売というとピンときますよね。

まあ、あんまり聞こえは良くないですが・・・。

要は古本を安値で仕入れて、ヤフオクやアマゾンで売る手法です。
他にもゲームやおもちゃなんかも扱っている人は多いみたいですね。

 

最近知りましたが、ビブリア古書堂の事件手帖にはせどり屋が登場するみたいですね。
余談です(笑)。

 

そしてせどりは、私も一時期やっていました。

 

せどりの一番のメリットは、何と言っても結果が出やすいです。
ゲームやおもちゃはともかく、本はそんなに値段の高いものではないので、
うまくいけば始めたその日に売り上げは立ちます。

ゲームも人気作なら比較的早く売れますし、
ゲームならば本に比べて利益も大きいです。

 

そして、すぐにでも始めることができます。
アマゾンやヤフオクのアカウントはすぐに取れるし、
出品も数が多くなければそこまで手間ではありません。

最初は仕入れをしなくても、
自分の家の不要な本やゲームを売ってもOKですし。

トレンドアフィリエイトと並んで、
初心者が手を出しやすいジャンルと言えるでしょう。

※トレンドアフィリエイトは別ページ参照

 

せどりのデメリットは?

しかし、メリットがあれば当然デメリットもあります。

まずは仕入れが必要なこと。
転売ということは当然ですが商品を仕入れる必要があり、
在庫が無くなれば売り上げも無くなります。

商品を仕入れられる古本屋をいくつか確保したり、
丸一日仕入れに奔走しなければならないこともあります。

 

しかも良い商品があるかどうかは運もありますので、
仕入れに走り回っても大して収穫が無いことも・・・。

それに初心者にも手を出しやすいということは、競合も多いです。
場合によっては早い者勝ちのような状況にもなるでしょう。

 

次には在庫を持つ必要があること。

仕入れたものがポンポン売れるとは限りません。
そして、思ったような値段で売れないことも当然あります。

それでも仕入れ値はかかりますし、在庫を切らすことはできないため、
結果的に自転車操業のような状態になります。

 

最後は結構重要ですが、売り上げと利益にはかなりの差があります。
せどりの方は良く「月商」という言葉を用いますが、
これがなかなかどうしてくせものなんですよね。

 

「月商」と「月収」は全く違うもので、
「月商」は月の売り上げ、
「月収」は月の利益。

 

ですので「月商100万」という人がいたとしても、
実は利益は半分以下だったりします。

しかも在庫を持っていたり、次の仕入れもしなければならないので、
結構カツカツなんてことも・・・。

 

せどりは長く続けるものではなく、
実績作りの手段と割り切った方が良いんじゃないでしょうか。

 

とはいえこれも、私がせどりでうまくいかなかったからこう思うのかもしれません。
自分に合ったビジネスだと思うのであれば、極めても良いと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【ネットビジネス用語集】サジェストキーワードと虫眼鏡とは?

  • 【ネットビジネス用語集】レスポンシブデザインとは?

  • 【ネットビジネス用語集】デスクトップクラウドとは?

  • 【ネットビジネス用語集】トレンドアフィリエイトとは?

  • 【ネットビジネス用語集】DRMとは?

  • 【ネットビジネス用語集】アフィリエイトとは?