1. TOP
  2. 成長が最も速い勉強法とは?企業が新卒を採用する理由

成長が最も速い勉強法とは?企業が新卒を採用する理由

思考・マインド この記事は約 3 分で読めます。

前々から議論になったりしてはいますが、
なんだかんだで大手企業の求人、面接は既に始まっています。

新卒採用がスローペースになるのは、
もう少し時間がかかりそうですね。


大手企業が新卒に求めるものは?

とはいえこんなに将来が見えないご時勢。
今後は就活する学生が激減し、
企業が逆に探さないといけなくなるとも言われています。

それなのに大手企業は、どうして新卒を採用するんでしょうか?

 

新しい人を採る分には、別に新卒じゃなくても全く問題はありません。
むしろ経験者なら、何もかもイチから教える必要も無く、
ある程度即戦力として使えるんです。

他の企業で働いていた分、その企業の風土や慣習に慣れている部分はあるかもしれませんが、
それだって未来永劫続くわけじゃないですよね。

 

逆にそういう風土や知識をうまく生かしてもらえれば、
会社の発展に貢献することもあるはずです。

なのにどうして大学を出たての新卒を積極採用するんでしょうか。

 

若いから?
第二新卒とかもいますし、今は3年も経たずに転職する人もいます。
(まあ、そういう人が転職後も長く勤めるかはわかりませんが。。。)

 

優秀だから?
有名大学を出てるとしても、優秀さで言えば社会人経験や実務経験のある人に、
到底かなうはずはありません。

 

大企業には新卒を採用しろという、国からの指示があるから?
それは否定できないかもしれません(笑)

 

人柄が良いから?
これも社会人経験のある人の方がよっぽど気を遣えるでしょうし、
1、2時間程度の面接で人柄なんかわかるはずもありません。

それに今はマニュアル本だけでなくネットの情報も充実してますので、
情報武装をした若者は数限りなくいます。
それは新卒に限った話じゃないかもしれませんが。

実際採用担当の人に聞いても、人柄云々はそこまでわからないんだとか。
こういうとなんですが、誰を採用しても大差は無いし、それで良いと思ってるようです。

 

新卒を採用する意外な理由

新卒を採用することの本当の意味。

それは、既存社員の成長促進です。

 

人に教えるという行為は、教える側のレベルを一気に引き上げます。

その立場にいるということは、見習われるような立場にならなければならないとか、
間違いや良くないところなどに気付かなければいけないなど、
求められることが一気に増えます。

 

そして教えるということは当然自分が理解していないといけませんし、
相手が理解できるような伝え方、そして理解できるまで教える必要があります。

これが中途採用だとイチからというわけにいかないですし、
教える側の方が年下という可能性もありますので、
やはり何も知らない新人、新卒が対象としては適しています。

 

知識や技術をより自分のものにする一番の近道は、
「人に教えること」。

 

これは新人教育とまでいかなくとも、その情報を発信したり、
誰かに話したりということでも良いと思います。

頭の中でグルグル考えてるだけじゃ、だめなんですよね。
話さないと。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • だいぽんさんとクラフトビールと人との繋がりと私。出会いの重要性。

  • 2014年の新入社員タイプは○○型!偏見や決め付けを生む?

  • トレンドサイト記事作成の時間が無い?忙しい?時間を作るためのコツ

  • 自由は本当は難しくて大変なもの?その意味や解釈は?目指すべき目標

  • 教わる側だけの問題だけじゃない?教育の本当のこと

  • ネットビジネスで稼ぐのは誰のため?私利私欲では限界がある