1. TOP
  2. 商品を売る時に伝えるべきことは?売り込みのための2つのポイント

商品を売る時に伝えるべきことは?売り込みのための2つのポイント

思考・マインド この記事は約 4 分で読めます。

アフィリエイトや情報発信をするにあたり、
商品を売る場面というのは必ず出てきます。

それはよくも悪くもですが、
恐らくそういうことに慣れていない人は、
かなりの抵抗があるんじゃないでしょうか。


売り込みは良いこと?悪いこと?

商品を売るというと、どんな場面を思い浮かべますか?

 

グイグイ来るアパレルの店員?
広告ばっかりのネットショップのメルマガ?
訪問販売?

そんなイメージが先行すると思います。

 

でもライトなもので言えばテレビCMや、
お店のポップなども売り込みといえば売り込みです。

売り方も実に様々な形があるんですよね。
それと気付かず売り込まれているということも、多々あります。

 

なのでまず、売り込むこと自体は悪くはありません。
ただ価値の無い商品、詐欺商材などを売り込むのは当然良くないです。

あくまでも買い手に価値を提供できる商品であることが前提になります。

 

2つの売り込みのポイント

そしてその売り込みのポイントとしては、大きく2つ。
①その商品がどうして必要なのかを明確にする
②その商品が与える影響を伝える


 

まずは①は、相手の今後のためにその商品が必要となることを説明することが大切です。
そしてもちろん売る側も、描く未来のためにその商品が必要となることを、
あらかじめ明確にしておく必要があります。

必然性の無い売り込みはただの押し売りですし、
売る側がその時多少稼げたとしても、相手はもちろん、
自分にとっても未来に良い影響は与えません。

 

②はその商品を得ることによってどんな効果が期待できるか、
どんな未来を得ることができるかを伝えます。

商品の売り込みというと、どうしても商品そのものに目が行ってしまいがちです。

 

売り込みの具体的な例

例えば軽量でありながらも、一般的なものより暖かいダウンジャケットがあったとします。

 

これを売り込む方法として、2つ例を挙げます。
①「特殊な羽毛の加工技術を使ってて、普通のダウンと同じ量の羽毛なのに重さは半分なんですよ。
色は黒とネイビーと茶色の三色展開です」


②「普通のダウンより軽いので外出した時に疲れにくいし、
モコモコしてないのでシルエットも細く見えます。
黒とネイビーと茶色の3色があって、シンプルなのでどれでも合わせやすいですよ」


 

どちらの方が未来を想像できるでしょうか。

 

①は「へえ」とはなりますが、「だから?」って感じですよね。
そのトークで「買おう」とはなかなかならないはずです。

 

対して②は実際に着た時の感じやメリット、
他の洋服との合わせなど、買った後のイメージが膨らみます。

 

このように商品そのものを売ろうとするのではなく、
商品を買うことで得られる価値、その未来を売る、
という意識が大切です。

 

結局商売というのは価値の交換です。

価値のある商品を提供することで、
通貨としての価値があるお金を貰う。

 

まずその商品が相手にとって価値があることを伝え、
そして紹介する商品で得られる具体的な未来を伝える。

これなら押し売りではないですよね。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ひゆきさんと飲みに行ってきました。

  • 自由は本当は難しくて大変なもの?その意味や解釈は?目指すべき目標

  • JJからJKに成長!商材の選び方、見極めるための5つのポイント!

  • トレンドサイト記事作成の時間が無い?忙しい?時間を作るためのコツ

  • ネットビジネスも結局はコミュニケーション。人との繋がりを意識する

  • 結果よりも過程が大事。