1. TOP
  2. 外注のメリットとデメリットは?手動から自動化への道のり

外注のメリットとデメリットは?手動から自動化への道のり

メディア構築 この記事は約 4 分で読めます。

時間がなかなか取れない人、
収益をすぐにでも伸ばしたい人には外注をオススメします。

外注というのは他の人に記事の作成を依頼すること。

そんな外注のメリットデメリットについてお話しします。

月10万達成のために必要な記事数は?

トレンドサイトにおいて、
記事数が多すぎても良くないということは以前に書きました。

記事数は多すぎてもダメ?アクセスが集まらないコンテンツは危険?

 

ただ、あくまでも「多すぎても」ということです。

やはりある程度の記事数が無いとアクセスは集まりませんし、
月10万円のためには300記事くらいは必要だと思います。

 

そして更新頻度と1日の記事数は、
サイトの成長に大きく影響していくんですよね。

トレンドがいきなり廃れるようなことはないでしょうが、
早い段階で稼げるサイトに成長させておくことをオススメします。

そのためにも、場合によっては外注に頼る必要があるんじゃないでしょうか。

 

外注のメリット・デメリット

では外注のメリットとデメリットを幾つかあげてみます。

<外注のメリット>
・記事を作成してもらえる
・自分には無い視点やネタがある(かもしれない)
・他の作業に没頭できる
・指導の経験ができる
・自分のファンになる可能性がある
・外注から改善や修正の指摘がある(かもしれない)

<外注のデメリット>
・費用がかかる(相場は1記事300円程度)
・自分が納得できる記事作成ができるかは未知数
・コピペや規約違反などを黙っている可能性がある
・温度差がある
・更新頻度は未知数
・ばっくれる可能性がある
・指導やチェック、マニュアル作成など、そのための時間がかかる

これは私の経験がほとんどなので、当てはまらないものもあると思います。

 

実際に外注を雇って思う、注意点

個人的には温度差を強く感じました。

 

私はこのような情報発信のため、外注化は記事を書いてもらうためというより、
指導スキルを磨くために雇っていた側面が強かったんです。

 

毎日更新してくれなかったり、
同じようなテーマばかりだったり、
キーワードが甘かったりと、
自分の思うような記事のクオリティは望めませんでした。

 

マニュアルで説明したことを守って頂けなかったり、
同じミスを何度も繰り返されたりというのもあり、
かなり難しさを感じましたね。

 

当たり前ですが外注に依頼する時には、
自分がそれなりの記事を書けるようになってからにしてください。

中途半端な状況で外注化し、
アクセスが集められない記事を増産したら、
下手をするとペナルティの要因になりかねません。

 

最初の内は記事にするネタを事前に教えてもらうか、
下書きをチェックすることをオススメします。

経験上、マニュアルを渡してスカイプで説明しても、
いきなり良質な記事を書ける人はいません。

 

「手動でできないことを自動化はできない」

 

これは私のネットビジネスの師匠の言葉です。

ネットビジネスに手を出す人は「寝てても」「自動で」
「不労所得」
などの言葉に食いつきたがりますが、
そういうのはそこまでの努力あってのものです。

 

実績も経験も無い段階で自動化ばかりを考えても、
それは何とも無茶な話ですよ。

まずは自分の手で実績を積み上げていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【TCD013】アクセス解析とグーグルアナリティクスの設定方法!

  • ユーチューブで爆発したトレンド記事を分析・解説してみた 半沢直樹

  • アドセンス広告の作り方解説!PCやスマホでの適切なサイズは?

  • トレンドブログで避けるべき記事の内容!アドセンス停止の危機回避

  • グーグルアドセンスの申請方法を画像付解説!審査期間やその後は?

  • ウェブマスターツールの登録方法を画像付解説!導入するメリットは?