1. TOP
  2. 外注化に必須のワードプレス設定!ユーザーの追加と制限のやり方!

外注化に必須のワードプレス設定!ユーザーの追加と制限のやり方!

メディア構築 この記事は約 3 分で読めます。

外注に記事作成を依頼する時、
どのような形で記事を書いてもらうかについては、
いくつか方法があります。

手間やもろもろのことを考えると、
ワードプレスで直接作ってもらうのが一番速いですが、
何もかもいじれる状況というのは少し怖いですよね。

そこでユーザーの追加と制限のかけ方をご紹介。

管理者がワードプレスでできること

外注については、下記の記事でまとめています。

外注のメリットとデメリットは?手動から自動化への道のり
ランサーズで外注がオススメ!その理由は?登録や依頼の方法!

 

まず、基本の状態ではこれだけの操作ができるようになっています。
2014-03-22_070921

 

投稿内容も自由に操作できます。
2014-03-22_072701

 

当たり前といえば当たり前なんですが、サイトの構成から記事の内容まで、
自由に編集や削除ができるんですよね。

しかし報酬を払っているとはいえ、
他人にこういった操作が出来る状況を提供するのは抵抗があると思います。
というか、抵抗を持った方が良いと思います(笑)。

 

新規ユーザーの作成方法


初期ならともかく、稼げるサイトになっていた場合、
悪意のある人のターゲットになったらサイトを破壊されかねません。

そこで役立つのが新規ユーザーの作成です。
ワードプレスでは新しいユーザーを作るだけでなく、
ユーザーが操作できる範囲も制限ができるんですよ。

 

新規ユーザーの作成方法は、まず左のメニューから「ユーザー」
→「新規追加」と進みます。

2014-03-22_071908

 

そして必要な情報を入力。
2014-03-22_070744
※ユーザー名は英数字のみ。
※メールアドレスは登録時とは別のものが必要です。
※外注の場合は「権限グループ」で「投稿者」を選択すると良いでしょう。


 

次に「新規ユーザーを追加」をクリックすれば、新規ユーザーのできあがり。

2014-03-22_070859

 

管理者との捜査範囲の違いは?


投稿者が操作できる内容は、このように制限されます。

2014-03-22_070955

 

そして管理者が書いた記事については削除や編集ができないようにもなってます。

2014-03-22_071117

 

これならば安心して外注化できますよね。
ちなみ通常通り「管理者」権限でアクセスすれば、
別のユーザーが作成した記事は自由に削除、編集ができます。

 

こんなご時勢。
本当ならあまり人を疑ってかかりたくはないものですが、
自分自身のためにもこういう設定を覚えておくと良いでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 記事数は多すぎてもダメ?アクセスが集まらないコンテンツは危険?

  • 【失敗】グーグルのペナルティを受けてその後。1回目で解除できず

  • 独自ドメインとは?種類や費用はどのくらい?取得や設定の方法は?

  • トレンド記事は書くことでしかうまくならない。やってみなはれ!

  • ビッグキーワードとニッチキーワードとは?タイトルで意識する事は?

  • トレンド記事には速報系と未来予測がある!インデックスって何?