1. TOP
  2. グーグルアナリティクスで見るべき場所!ランディングページの重要性

グーグルアナリティクスで見るべき場所!ランディングページの重要性

メディア構築 この記事は約 4 分で読めます。

グーグルが提供するアクセス解析、
グーグルアナリティクス。

無料とは思えないぐらい色々な機能があり、
非常に高性能ではあるんですが、昔の私のように、
イマイチ見るポイントがわからないという人も多いんじゃないでしょうか。

今回は見方と、特に見るべき場所についてご紹介します。

グーグルアナリティクスでとりあえず見るべきは?

とりあえずグーグルアナリティクスのメニューバーは、
このような構成になっています。

2014-03-24_212217

 

何はともあれ見て頂きたいのは、「リアルタイム」。

リアルタイムはその名の通り、
リアルタイムのサイトのアクセス状況がわかるページ。

リアルタイム→サマリーと選択すると、このような画面になります。

2014-03-24_212256

 

左上の数字は現在サイトを見ているユーザーの数。
左下はどのような検索ワードでサイトにアクセスしてきたかがわかり、
右はどのページを何人のユーザーが見ているかがわかります。

 

ここをチェックすることによって、
自分のサイトはどのような検索ワードで人を集めているのかだけでなく、
どのような検索ワードを使うのかという情報収集にもなります。

 

トレンドの記事のタイトルづけは、
いかにして多くの人が検索しそうなワードを入れ込むことができるかと、
大手サイトが見落としたり使っていないワードでズラせているか
が重要なんですよね。

そのためのワードを拾う手段として有効なんじゃないでしょうか。

 

その他速報系の記事がちゃんとアクセスを集めているか、
未来予測が予測したあたりでアクセスを集めているかなどのチェックも大切です。

合わせて突然アクセスを集めた記事があった場合、
それがどういう原因なのかを分析することによって他に応用できますし、
同じような爆発をまた誘発できます。

記事を書いたら書きっぱなしではなく、分析を行うことで、
サイトも自分自身も成長が加速します。

 

最も重要な「ランディングページ」


そしてもう1つの重要なポイントは、ランディングページです。

2014-03-24_213147

 

行動→サイトコンテンツ→ランディングページと進むことで、
このようなページに進むことができます。

2014-03-24_212341

 

ここは右上で期間を設定し、その期間でのページごとの閲覧数や、
直帰率などを調べることができるんですよね。
直帰率というのは、他の記事にも目を通しているかどうかがわかります。

 

その記事は、ちゃんと見られているか?


ただここで最も重要なのは、「訪問時の平均滞在時間」という項目。

2014-03-24_213309

 

項目名の通り、対象の記事の平均滞在時間がわかります。

記事をちゃんと読まれているかどうかというのは非常に重要で、
アドセンスの広告を上下に配置しているということは、
しっかり読まれることでクリックの可能性が上がりますよね。

 

逆に直帰されてたら、一つ目の広告すらちゃんと見られてないかもしれません。

それに読ませるような文章を書けているかという指標にもなりますし、
実際記事ごとの滞在時間が短いと、アクセスを集めていても、
収益はあまり上がりません。

 

1000文字程度の記事で滞在時間が30秒未満の場合はちゃんと読まれてませんので、
内容を見直すか、書き足した方が良いでしょう。

本当はある程度記事が溜まった時点で全記事を対象にチェックした方が良いんですが、
余裕がなければ上位10記事でも大丈夫なんじゃないかと。

私は経験済みですが、やるかやらないかで結構結果は変わってきます。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • トレンド記事にもブログ記事にも!オススメの無料画像サイト5つ

  • Webフォントの初めてはタイプスクエアで!設定や導入方法を解説

  • はてブ拡散の失敗談。本質理解と表面理解の大きな違いと差

  • ユーチューブで爆発したトレンド記事を分析・解説してみた東出晶大

  • 独自ドメインのメールアドレス取得方法は?無料で無制限に運用可能?

  • グーグルの恐ろしすぎるペナルティ!警告の内容やその種類は?