1. TOP
  2. ツイッターが今後復権する理由とは?日本人はつぶやき大好き国民!

ツイッターが今後復権する理由とは?日本人はつぶやき大好き国民!

ツイッター この記事は約 6 分で読めます。

最近はラインやフェイスブックに押され気味のツイッター。

利用者数の減少も噂され、過激なところでは「オワコン」、いわゆる終わったコンテンツ扱いされています。

しかし私はツイッターは廃れないどころか、今後復権するんじゃないかと考えています。

最も使われているSNSはLINE(ライン)

過去にまとめた通り、現在日本で最も使われているSNSはラインです。
LINEが最も使うSNSになった理由は?Skypeや他SNSとの明暗はどこ?

 

日本国内でのアクティブユーザーの推計は、
1.ライン 4000万人
2.フェイスブック 2100万人
3.ツイッター 2070万人
4.ミクシイ 1300万人
と言われています。

 

実際フェイスブックはさておいて、ラインは連絡手段として定着した感があります。

ただ、メールなどの代わりという使い方が多いと思うので、フェイスブックやツイッターとは少し毛色が違う気がするんですよね。

とはいえラインの普及で、メールの使用率はかなり減少したそうです。
若い人だけでなく、社会人の連絡手段にも使われてるんですよね。

 

日本人はつぶやき大好き

そしてツイッターの利用者数は全世界で2億人以上と言われており、日本はアメリカ、ブラジルに次ぐ世界3位。とはいえ1位のアメリカが1億2000万以上のアカウントがあり、全体の60%以上をを占めています。

対して日本のアカウントは2000万程度ですので、割合で言えば10%程度。

 

しかしつぶやき数の割合は2011年の調査では、なんとアメリカ約40%に対し、日本は約25%。アカウントの割合から言えばとんでもない数値です。
しかもつぶやき数のトップ5は、全て日本のアカウントだったんだとか。

 

どんだけつぶやき好きなんだよ!って感じじゃないですか?

 

更に利用者数とは別に利用率で言えば、アメリカの約26%に対して日本は約30%。ここからも日本のつぶやき好きがわかりますよね。

 

そもそもネットのメリットは?

ラインやフェイスブックが幅を利かせてわかりにくくなっていますが、そもそものネットのメリットは、「匿名性」なんじゃないかと。

にちゃんねるが普及したのも匿名で好き勝手言えて、普段はあまり表に意見を出さない人、しゃべりは上手くない人なども、自由に議論を戦わせることができたことが大きいんじゃないでしょうか。

 

しかしそんな文化が定着した後、そういった匿名性に違和感があった人などが実名・リアルで繋がるミクシイやフェイスブックに目新しさを感じ、急速に広めていったことで現在に至っています。

ですがフェイスブックも「SNS疲れ」などの言葉が最近見られる通り、意外な人と繋がれる楽しみがある一方、繋がった後が中々切りにくい、自分の行動が筒抜けであることに恐怖を感じるなどの話も聞きます。

なのでそういうコミュニケーションに疲れた方々が、今後ツイッターに戻ってくるんじゃないかということ。

 

ツイッターは反応も期待できますし、好き勝手につぶやいたって良いだけでなく、匿名なので教えたり炎上でもさせない限りは個人情報は漏れません。

そして日本人は元々つぶやきが好きという特性があります。

 

具体的にツイッターが復権しそうな理由を挙げると、
・感情や思ったことをはっきり出す人が少ない
・噂話やゴシップネタが意外と好き
・日本語なら140文字でもある程度の情報を詰め込める
・匿名なので、他SNSほど人間関係を気にしなくて良い

こんなところでしょうか。

 

ともあれ、ツイッターはもっとその価値を増していくはずです。

 

なんだかんで要は使い方次第

要は使い方なんだと思います。
フェイスブックはフェイスブックの良いところがありますし、ツイッターはツイッターの良いところがあります。そしてLINEについては既に書いた通り、やはりSNSとしてというより、通信手段、インフラとして確立しているように思いますので、SNSとしての比較はしなくても良いんじゃないかと。

 

フェイスブック・・・囲い込み
ツイッター・・・拡散


というのが僕の考えるイメージです。

 

そして年齢層についても、フェイスブックはどちらかというと高めですが、ツイッターは10~20代がメインのユーザー層になります。なので、そういう年齢層に受けそうなネタや商品はまだまだいけますし、拡散の力というのはやはりフェイスブックの比ではありません。

これは他の記事でも書いていますが、
・フェイスブックの友達は5,000人まで
・実名でのアカウント
というのが拡散しにくい大きな要因ではないかと。

 

匿名であればどんなネタでも気軽にリツイートやコメントできますが、友人や上司、家族などと繋がっている可能性のある、というかそれが明確にわかるフェイスブックで、あんまり変なことをシェアしたり、コメントしたりはできないですよね。

できる人もいるとは思いますが、圧倒的に少数派ではないでしょうか。

 

それに比べればツイッターは匿名なのでそういう制約も無く、自由です。しかもフォロワーに上限はなく、日本で一番フォロワーの多い芸人有吉弘行さんは、なんと500万以上のフォロワーが存在します。

単純比較すると、友達5,000人と比べて1,000倍の影響力を持っているってことですよね。

 

フェイスブックについてはフェイスブックページならいいねの数に制限はありませんが、あくまでもいいねをするのは実名アカウントの個人なので、シェアとかコメントをしにくい場合もあることに変わりはありません。

しかもフェイスブックページについては、投稿にいいねが付きにくいようにフェイスブック側で操作しているそうです。

 

フェイスブックが廃れるとまでは言いませんが、ツイッターも動画が投稿できるようになったり、投稿を固定できたりという新機能も加わりましたので、ツイッターが巻き返す可能性も十分にあると思います。

 

まとめ

・日本で一番のSNSはLINEだけど、「SNS」という認識は薄い
・日本人はつぶやき大好き
・実名でのコミュニケーションに皆疲れ始めている
・ツイッターの拡散力は健在

 

PS

この記事への感想やご意見は、↓から気軽にどうぞ。
http://sengyoshufu-pg.net/page-49/
※タイトルには「復権」って入れてくださいね。

もちろんこの記事以外のことでもOKです。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ツイッターで動画をスマホやアプリ以外に、PCからもアップできる!

  • これだけで反応が変わる!ツイッタープロフィール作成のコツまとめ

  • ツイッターは今後どうなる?仕様変更と大量凍結の嵐の後には太陽が?

  • ツイッターでまだまだこれからも話題を作ってアクセスを集められる

  • ツイッターbotで人気のものは?ネタやつぶやき素材の集め方は?

  • ツイッターとトレンド記事は相性バッチリ!連携のやり方や注意点は?