1. TOP
  2. Broken Link Checkerでリンク切れをチェック!

Broken Link Checkerでリンク切れをチェック!

ワードプレス この記事は約 3 分で読めます。

トレンドサイトに限らず、ありがちなのがリンク切れ。
一度記事を書いたらそんなに見直すことは多くないので、
なかなか気付きにくい面もあると思います。

でも数記事ならともかく100記事や200記事になってしまったら、
リンク切れをチェックするのも結構な手間です。

今回はそんなリンク切れを自動でチェックしてくれる救世主、
Broken Link Checkerというプラグインのご紹介です。

リンク切れが与える影響は?

わかりやすい話でいけば、
サイトを訪れたユーザーはがっかりしますよね。

リンク切れに遭遇するということは、
リンク先の内容に興味を持ってクリックしたのに、
その内容を見られなかったということなんですから。

 

リンク切れということは、記事を見るためにかかる滞在時間が短くなり、
本当は他の記事も見ようと思ってくれていたのに、
怒ってページを閉じてしまう可能性があります。

つまりはユーザーの満足度や滞在時間、PVにダイレクトに影響します。
そしてそういう不満があるサイトに再訪しようとはなかなか思わないので、
アクセスにも影響があるというわけです。

 

その他やはりグーグル様もこういうのは放っておかないようで、
リンク切れが多いとサイトの評価に影響があり、
SEO的に良い印象を与えないようです。

リンク切れは、百害あって一利なしですね。

 

Broken Link Checkerのインストール方法

ということでBroken Link Checkerが大切なことはわかってもらえたかと。
そしてインストール方法ですが、

 

まずはダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

2014-05-04_222525

検索バーに「Broken Link Checker」と入力し、「プラグインの検索」をクリック。

2014-05-25_111231

そして「いますぐインストール」をクリックしてください。

2014-05-02_231415

その後「プラグインの有効化」をクリックすれば、インストール完了です。

2014-05-02_230418

 

Broken Link Checkerの設定方法

インストール後には少し設定が必要になります。

まずは「設定」→「Broken Link Checker」をクリック。

2014-05-02_231451

そして「検索エンジンがリンクエラーを~」というところにチェックを入れてください。

2014-05-02_231550

それ以外の設定はデフォルトで良いと思います。

リンクエラーを発見した場合にはメールでも知らせてくれるので、
非常に優秀なプラグインなんですよね。

とはいえただのサーバーエラーという場合もありますが、
そこはご愛嬌ということで(笑)。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • Wptouchを徹底解説!アドセンス広告の設定や最新版の違いは?

  • All in one Faviconでファビコンを簡単設置

  • WP Multibyte Patchの使い方や設定方法は?

  • Auto Post Thumbnailの設定方法を画像付解説!

  • 【TCD013】アップデートはなぜ必要?更新の方法と影響は?

  • ワードプレスのカテゴリーで未分類を無くす方法