1. TOP
  2. Newpost Catchのカスタマイズや導入方法を画像付解説!

Newpost Catchのカスタマイズや導入方法を画像付解説!

ワードプレス この記事は約 3 分で読めます。

サイトの滞在時間はサイトの評価に影響し、
収益にも影響を与える大切な要素です。

今回はサイトの滞在時間を延ばすために役に立つプラグイン、
Newpost Catchをご紹介します。

サイトの滞在時間を延ばすためには?

一番分かりやすいのは、興味を惹いた上で、
長文でも読みたくなるような素晴らしい記事を書くことです。

とまあ口で言うのは簡単なんですが(笑)、
私を始め、誰もがそんなことをできるわけじゃありません。

 

特にトレンドの場合はそのタレントに対する愛着に左右されたりしますしね。

それにどちらかというと数を求められるトレンドサイトで、
一記事一記事そんな心構えで書いていたら、
長く続けることはできないんじゃないでしょうか。

 

というか、私は無理です(笑)。

 

ということでその他の方法としてサイドバーの充実があり、
有効なものの1つとして、最新記事が挙げられるわけです。

ワードプレスのデフォルトのウィジェットとして、
一応「最近の投稿」というやつはあります。

しかしこれの場合だとこんな感じです。

2014-05-26_215832

 

いくらサイドバーの充実とは言っても、
これだとあんまり滞在時間も延びなさそうですよね。

これをNewpost Catchを使うと、

2014-05-26_220101

こうなるわけです。
どちらが興味を惹きやすいかは一目瞭然ですよね。

 

Newpost Catchのインストール方法

まずはダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

2014-05-04_222525

検索バーに「Newpost Catch」と入力し、「プラグインの検索」をクリック。

2014-05-26_214751

そして「いますぐインストール」をクリックしてください。

2014-05-26_214801

その後「プラグインの有効化」をクリックすれば、インストールは完了です。

2014-05-02_230418

 

Newpost Catchの設定方法

インストールが終わったら、「外観」→「ウィジェット」をクリックします。

2014-05-26_221633

すると「Newpost Catch」というウィジェットが増えているので、
これを設置したい場所にドラッグ&ドロップします。

2014-05-26_221644

ドラッグ&ドロップすると設定画面が出てきます。
基本的にデフォルトの設定で問題ないですが、
変えるとすれば「サムネイルの設定」でしょうか。

2014-05-26_221722

サイズとしては50×50が良いと思います。
ただワードプレスのテンプレートが私も使ってるTCD013だと、
サイズを変えても意味が無いようです(笑)。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • スティンガーで記事一覧にアドセンス広告を挿入する方法!

  • ワードプレスのウィジェットの配置のやり方について画像付き解説

  • Table of Contents Plusで記事目次を自動作成

  • 【TCD013】メインスライダーを消して、画像に差し替える方法!

  • スティンガー5の過去記事リンクについて。修正方法を解説

  • Broken Link Checkerでリンク切れをチェック!