1. TOP
  2. Browser Shotsの設定や導入方法を画像付解説!

Browser Shotsの設定や導入方法を画像付解説!

ワードプレス この記事は約 2 分で読めます。

内部リンクを貼ることはSEOの観点からも、
検索性から見ても有効だと言われています。

ただ文字だけだと何となく味気無い感じもしますよね。

そこで今回は内部リンクでキャプチャ画像を付けるプラグイン、
Browser Shotsについて紹介します。

Browser Shotsでどのくらい変わる?

ちなみにプラグインを入れていないとこんな感じです。

2014-06-08_221525

これはこれで良いのかもしれませんが、
どうしても何となく味気無い感じはありますよね。

プラグインを活用すると、こんな感じになります。

2014-06-08_222246

 

Browser Shotsの導入方法

まずはダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

2014-05-04_222525

検索バーに「Browser Shots」と入力し、「プラグインの検索」をクリック。

2014-06-08_221652

そして「いますぐインストール」をクリックしてください。

2014-06-08_221701

その後「プラグインの有効化」をクリックすれば、インストールは完了です。

2014-05-02_230418

細かい設定は特に必要無く、
インストールして有効化するだけで使うことができます。

 

Browser Shotsの使用方法

Browser Shotsを使うためには、下記のタグを使用します。

[browser-shot url=”ターゲットURL” width=”400″]

「ターゲットURL」というのは、対象となるURLのことです。

記事のURLに置き換えればそのまま使えます。

 

ただ先程画像を載せましたが、
プラグインを使うだけでは正直記事内容がピンとこないこともあります。

そうなると記事のタイトルを別途載せる必要がありますので、
工程としては結果的に少し増えてしまうかもしれませんね。。。

とはいえ見やすさや、クリック率には確実に影響があるはずですので、
できればやった方が良いんじゃないかと。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • AkismetのAPIキー取得や設定方法を画像付で丁寧に解説!

  • Broken Link Checkerでリンク切れをチェック!

  • postMashで日付に関係無く記事の順番を自由に入れ替える!

  • EWWW Image Optimizerで画像サイズを一括最適化

  • No Self Pingsでセルフピンバックを阻止!画像付で解説

  • Meta Sliderで簡単オシャレにスティンガーをカスタマイズ