1. TOP
  2. 人を凌ぐってのも楽じゃねェ!空島と出す拳の見つからないケンカ

人を凌ぐってのも楽じゃねェ!空島と出す拳の見つからないケンカ

マンガ考察 この記事は約 3 分で読めます。

先日元会社の上司で、現在は起業している人と飲みに行った帰り、
たまたま遭遇した出来事で、黒ひげのこんな言葉を思い出しました。

意外とワンピース脱落者を増やしていると言われる空島編。
かくいう私もその内の1人でした。

でもそんな中にも、名言はたくさん眠っています。

人に笑われ、指を指される妄想野郎

私が遭遇したのは、
上司が去った後も頭を下げ続ける新入社員
です。

本当にそうかどうかはわかりませんが、
違ったとしても先輩と後輩、
取引先社員と取引元社員ぐらいの違いでしょう。

 

恐らく頭を下げている社員は、
「相手が見えなくなるまで頭を下げ続けろ」
と教育されたんじゃないかと。

これは捉えようによっては悪しき慣習、
「これだから会社に縛られるのは嫌だ」
なんて感想も浮かぶかもしれません。

 

私も実際、こんな会社だったら嫌です(笑)。

でも本質は、そこじゃないんですよね。

 

「空島」を笑わない勇気

要は、
言われたことを素直に実行できている
ということなんです。

 

行動の重要性については過去の記事でも書きましたが、
行動に勝る成功要因はありません。
行動しないと何も始まりませんから。

 

これって別に、やってるかどうかを相手はそこまで気にしてない
と思うんですよ。

仮に上司とかがその場で気付いたにしても注意する程度でしょうし、
教えた先輩とかに聞かれても「やってます」って言えば良いですし。
要領良くやろうと思えば、いくらでもできるんです。

 

でも彼は、それをしてはいませんでした。

道行く人が振り返ったり指を指したり、
人によっては笑ったりしていてもです。

一緒に行っていた人が「あいつは大物になるぞ」って言った時に、
私は黒ひげとの出会いの場面を思い出したんですよね。

 

人の夢は!終わらねェ!

空島への行き方を探るために町で聞き込みするルフィたちでしたが、
酒場で「そんなもの無い」と大笑いされてしまうんですよね。

空島は大昔の空想で、ルフィは海賊ハイエナのベラミーに
「妄想野郎」扱いされてしまいます。

そしてベラミーにケンカをふっかけられるんですが、
ルフィはあくまで無抵抗を貫きました。

 

これは最初からベラミーが戦うに値しない相手だと見抜いたんじゃないかと。
戦闘能力的なものもそうでしょうが、夢を見られない、信じられない、
そういう行動をできない、その程度の海賊なんだと。

でも黒ひげを含め、どちらが海賊としてのし上がっているかは一目瞭然です。

 

結局は信じて実行できるか、
自分に嘘をついていないかということなんですよね。

 

そもそも実行しないと何も始まりませんし、
自分に嘘をつくとどこかで無理が生じたり、
逆に嘘をつき続けていくことしかできなくなります。

笑われたとしても一瞬ですし、
行動できたことそのものが何よりの財産になるんじゃないでしょうか。

他人に何を言われようと、自分が信じるもの、
信じられるものは貫いていきましょうよ。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ベイビーステップの漫画に見る最近の傾向。情報は取捨選択が大切。

  • ちはやふるに学ぶ人身掌握術。物事の伝え方

  • AKB48は嫌いでもAKB49のことは嫌いにならないでください

  • 神のみぞ知るセカイが好き過ぎて~異世界との握手の重要性とその手法~

  • 俺物語!!を読んでると涙が出てくる。猛男と大和のまぶしすぎる純愛

  • マッチングはビジネスにおいて大きな意味を持つ?組み合わせの妙技!