1. TOP
  2. WP External Linksで自動的に別ウィンドウで開く!

WP External Linksで自動的に別ウィンドウで開く!

ワードプレス この記事は約 3 分で読めます。

調べ物をしたり作業をする時に、
色々なサイトを参照することは良くあると思います。

でもサイト内のリンクを辿ろうとした時別ウィンドウで開いてなかったため、
元のページがわからなくなるなんてこともありますよね。

かといってリンクを貼る時に、
イチイチ別ウィンドウを開くようにタグを入れるのも面倒。

今回はそんな面倒を解消してくれる、
WP External Linksというプラグインをご紹介します。

別ウィンドウで開くことの意味は?

私は、余計だと思うくらいたくさんウィンドウを開きますので、
このプラグインは非常に素晴らしいと思います。

実際他のサイトを参照していて別ウィンドウで開かないと、
ちょっとだけイラッとしますし(笑)。

 

というか別ウィンドウで開くことが少し習慣化していますが、
こういうところで気遣いをしてもらってると嬉しいんですよね。

とはいえ人によっては、
平行して色々なページを開きたくない人もいるかもしれません。

 

ただユーザー側の使いやすさという意味では別ウィンドウの方が良いですし、
実はこれは自分のサイトの滞在時間にも影響します。

別ウィンドウで開かずに行った先のサイトで問題が解決したり、
更に別のサイトを転々とした場合、自分のサイトは完全に忘れ去られます。

 

ですが別ウィンドウであれば、再度見てもらえる可能性は高いんですよ。

普通であれば「それはわかるけど面倒くさい」となるところですが、
そこでこのWP External Linksが活躍するというわけです。

 

WP External Linksのインストール方法

まずはダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

2014-05-04_222525

検索バーに「WP External Links」と入力しエンターを押します。

2014-09-15_151358

そして「いますぐインストール」をクリックしてください。

2014-09-15_151413

その後「プラグインの有効化」をクリックすれば、インストールは完了です。

2014-05-02_230418

 

WP External Linksの設定方法

WP External Linksを使うために設定が必要です。

ただそんなに難しくは無いですし、一度設定すれば全てに適用されます。
設定は、有効化すると左下に「External Links」というメニューができるので、
そこをクリック。

2014-09-15_151612

以下は設定画面と、設定できる内容です。

2014-09-15_151630

2014-09-15_151717

2014-09-15_151751

注意書きを入れている箇所にチェックを入れればOKですし、
メニューは別にデフォルトで良いと思います。

そして実はこのプラグインでnofollowも入れられるんですね。
過去にnofollow単体のプラグインを紹介したんですが(笑)。

ともあれこれで作業は少し簡略化するはずです。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • Quick Adsenseでグーグルアドセンス広告の配置を最適化!設定方法は?

  • AddQuicktagの設定方法やカスタム方法を画像付解説!

  • 【TCD013】ワードプレスでテンプレートを使うための操作!

  • Multi Device SwitcherでPCとスマホを切替え

  • 【TCD013】有料テンプレート導入のメリット・デメリット

  • freedigitalphotosの使い方を画像付きで解説