1. TOP
  2. 猿島に行ってきました。無人島だけど人いっぱい。【画像あり】

猿島に行ってきました。無人島だけど人いっぱい。【画像あり】

ライフハック この記事は約 6 分で読めます。

先日、猿島に遊びに行ってきました。

知り合いに勧められてという理由で全然知らなかったんですが、実は「ジブリっぽい」とかもあって、結構話題になってるスポットみたいですね。

ちなみに冒頭の画像は、何だかハートのように見えたので何となく撮影してみました。

そんな猿島のご紹介やら、感想やらを書いていきます。

 


猿島でいい旅・夢気分

2014-10-12 10.45.49
横須賀駅に着くと、まずはマスコットの(スカレー)がお出迎え。横須賀の「スカ」と「カレー」でしょうか。横須賀といえば海軍、そしてカレーですもんね。でも、個人的にはXファイルとか思い出しちゃいました。
余談です。

 

猿島は東京湾に浮かぶ無人島で、湾内最大の自然島なんだとか。住所は一応神奈川県の横須賀になるそうです。僕は千葉県在住なので、中々に長い道のりでしたね。。。

 

一応横須賀の人と一緒に行ったのでもろもろは相手に任せて、僕は横須賀にあるという情報だけを基に横須賀駅へ行ったんですが、猿島にはフェリーでしか行けないんですね!
改まって考えると、逆にそれ以外でどうやって行くんだって気がしますけど。
自分のうかつさを少し呪いたい。

 

そして、フェリー乗り場は横須賀駅から結構な距離でした。
道中こんなのがあったりして、面白くはありましたけどね。

2014-10-12 11.05.35

これは道のど真ん中なんですが、船を模したオブジェが堂々とそびえています。
遠くから見ると、船だと思っちゃいますよね。

フェリー乗り場はこんな感じ。

2014-10-12 11.09.55

2014-10-12 11.28.54

2014-10-12 11.09.11

少し雲が多かったですね。

フェリーは1時間おきぐらいですが、乗ってる時間は10分少々だったんじゃないかと。
あっという間でした。

2014-10-12 11.35.50

2014-10-12 13.54.27

 

フェリーの料金と時間

ちなみにフェリーの料金と時間は、下記の通りです。

夏季(3月~11月)
2016-04-13_093532

冬季(12月~2月)
2016-04-13_093540
https://www.tryangle-web.com/

夏季(3月~11月)と冬季(12月~2月)で時間が違うので要注意ですね。
そしてフェリーに乗る料金とは別に、猿島の入園料というのが別途かかります。

行きも帰りもそうですが特に休日は混み合うので、直前だと目的の時間のフェリーに乗れない可能性があります。
目的の時間よりも余裕を持って行く事をオススメします。

 

猿島で禁止されていること

ちなみに猿島では、いくつか禁止されていることがあります。

2016-04-13_094714
http://sarushima-guide.jimdo.com/

まあ、猿島砲台跡が国指定史跡にもなったそうなので、大切にしていきましょう。

 

そして、猿島へ

猿島に上陸すると、首都圏にいるとは思えない雰囲気でした。
当たり前ですが自然がいっぱいで、周りは海。

存分に旅行気分を味わえるという意味では、下手な県外の観光地よりいいんじゃないかと。

2014-10-12 11.39.56

2014-10-12 11.40.06

ただ、失礼ながら気分だけという感じです(笑。

当たり前ですが無人島なので、自販機やちょっとした売店があるくらいで他には特に何にも無し。
観光目的だけで行くと、正直1時間ももたないと思います。

 

バーベキューや海水浴などの目的が無いと、長い時間いることは難しいんじゃないかと。
僕は無理でした(笑。

なのでゆっくり満喫したい方は海水浴のシーズンに行くか、釣りのグッズなどを持っていった方が良いでしょう。きっと気持ち良いと思います。
横須賀駅からの導線も含め、僕は準備が甘すぎました。

 

ですが、自然は素晴らしいです。

2014-10-12 12.22.08

2014-10-12 12.36.56

2014-10-12 12.32.20

2014-10-12 12.31.52

2014-10-12 12.30.58

2014-10-12 12.30.14

2014-10-12 12.29.06

2014-10-12 12.28.23

 

猿島ガイドツアー

そして猿島では、事前に申し込めるガイドツアーがあります。

2016-04-13_095353 http://sarushima-guide.jimdo.com/%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%81%AE%E7%94%B3%E8%BE%BC%E5%8F%8A%E3%81%B3%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

大体90~120分程度で、1週間前の予約が必要です。
料金は5人以上で1人600円、それ以下だとトータルで3,000円になります。(中学生以上)

こういうのに申し込めば、1日みっちりとは言わずとも、もっと満喫できるかもしれませんね。

 

猿島のお食事

僕が行った時は、一応食事を売っているお店は開いていました。
ただここは、時期によってはもしかしたら開いてないかもしれませんので、現地での食事を考えている場合は事前に確認してみてください。

そして僕はこの日、豚丼と地ビールを頂きました。

2014-10-12 11.53.31

2014-10-12 12.01.02

何はともあれ、ビールは美味いです(笑。
豚丼もあっさりして美味しかったですし、こういう所で食べるご飯としては、費用対効果も良い方だったと思います。

でも僕はそんなに大食いじゃないので、たくさん食べる人にとってはもしかしたら物足りないかもしれません。飲食物の持ち込みはOKなので、不安とか、たくさん食べて飲みたい方は持ち込んだ方が無難です。

 

念のために、お店の情報を載せておきます。

猿島オーシャンズキッチン

2016-04-24_211829 http://sarushima-oceanskitchen.strikingly.com/


画像にもある通り、営業は、
・3/19(土)~21(月)、26(土)27(日)
・4月~7月上旬の土日祝日
・ゴールデンウイーク期間の毎日
・7月中旬~8月末(海水浴場オープン期間)の毎日
・9月~11月の土日祝日

という感じで少し限定されています。

メニューについても僕が行った時とは違うかもしれませんので、詳しくはサイトをチェックしてみてください。
行ってのお楽しみというのも、1つの方法ですけどね。

猿島は絶好の撮影スポット

あと個人的に気になったのは、コスプレの団体が撮影会をやっていたことですね。

名物の撮影スポットなんでしょうか。
確かに絵になるという意味では価値はありますね。

 

色々問題がありそうなので隠し撮りはしていないですが、結局関東近郊でこういう雰囲気や味がある風景というのは貴重だっていうことがよくわかりました。

 

まとめ

滞在時間は2時間程度でしたが、旅行気分には浸れました。
すぐに帰れるというのも、それはそれでメリットですね。

ただ前半でも書いた通り、帰りのフェリーも混み合うので時間に余裕を持った行動をオススメします。

オフィシャルPVなんてのもありましたので、最後に載せておきます。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ホットメールでの迷惑メール対策。振り分け方について画像付き解説

  • 【注意】NCSOFTからのアンケートメールはフィッシング詐欺!

  • Web Experienceに要注意!勝手に別ウインドウが開く時の対処

  • クロームで勝手にタブが開いたり、余計な広告が出る場合の対処法!

  • クロームでネットが無くても遊べるゲームがある!スマホもPC版も!

  • インスタグラムでこのデバイスから登録されたユーザーが多すぎます?