1. TOP
  2. ドラマをネタに記事を書く場合は?トレンド記事ずらしのポイント

ドラマをネタに記事を書く場合は?トレンド記事ずらしのポイント

メディア構築 この記事は約 3 分で読めます。

前回は、記事ネタについて書きました。


今回はドラマをネタに記事を書く場合のキーワードの選び方などを書いていきたいと思います。


ドラマ1本で記事量産可能

新しいドラマで記事を書こうと思った時、始めた当初の人は、大体中途半端な内容になってしまいます。

ドラマと出演者のキーワードをごっちゃにしたり、大手サイトのタイトルをそのまま流用したり、「芸能人+ドラマ名」などで記事を書いたり。

 

そういうキーワードで記事を書いたとしても、あまり育っていないサイトでは上位表示が難しいです。
育っているサイトでも、「芸能人+ドラマ名」での上位表示は、相当難易度が高いんですよね。

そしてドラマは当たり前ですが、放送される期間が決まっています。
完全に速報というイメージであれば良いんですが、どうせならアクセスは長続きさせたいですよね。

 

個別にフォーカスを当てる

この場合、中途半端にならないことが非常に重要です。

ドラマならドラマ、原作なら原作、出演者なら出演者という具合に、フォーカスを明確にして書いた方がアクセスは集めやすいんですよ。

 

ドラマにフォーカスを当てるなら、「ネタバレ」「あらすじ」「ロケ地」「原作」「主題歌」「スタート」「キャスト」「スタッフ」などのキーワードが考えられます。

とはいえこれは結構ストレートですけどね(笑。
キーワードはもう少し練った方がいいですね。

 

あとは、開始前から「最終回」というキーワードを入れるのも、一つの方法です。
放送前からそんなキーワードで検索する人はいませんが、最終回が近づくにつれて、検索数は増えていきます。

とはいえ、最終回のことなんか書けないと思うでしょうが、そこは「分かり次第アップします」ということで良いんです。
しかし更新を忘れてはいけないということと、予想できるなら早めにアップしておくことを心掛けたいですが。

 

芸能人にフォーカスを当てれば、長く続く

そしてフォーカスを芸能人に当てれば、ある程度息の長いアクセスを見込めます。
この時あえて、タイトルにはドラマのことを入れないのがポイントです。

記事の内容では触れるものの、タイトルのキーワードは対象の芸能人と、その芸能人に関することだけでまとめておきましょう。

 

そうすれば、ドラマはあんまり関係無くなります。
その芸能人がまた新しいドラマに出たり、活躍する限りは一定のアクセスが見込めるわけなんですよ。

結婚とかの出来事があれば爆発もしますし、そういう記事が溜まっていけば、収益も安定します。
ドラマには沢山の人が出演しますので、1つのドラマでかなりの数の記事を書くことができますよね。

 

未来の為に、今頑張りましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ユーチューブで爆発したトレンド記事を分析・解説してみた東出晶大

  • アマゾンで出版した自作の電子書籍「夏幻」の感想を頂きました。

  • アマゾンでの電子書籍出版のやり方。僕が作家になった一部始終

  • 【今さら聞けない】アメブロの新規アカウント取得を画像付きで解説

  • トレンドサイトの記事に芸能系を勧める3つの理由について解説!

  • アドセンス広告には枚数制限がある?広告配置のポイントは?