1. TOP
  2. トレンド記事作成の流れは?自分なりの効率の良さを求めることが大事

トレンド記事作成の流れは?自分なりの効率の良さを求めることが大事

メディア構築 この記事は約 3 分で読めます。

トレンドサイト、というかアドセンス広告があると、
お酒のネタを書けないのが個人的には寂しいところです。

情報発信をしていると、
やっぱり自分の好きなことを書きたいので、
制限されちゃうのは厳しいものです。

まあ、制限されてる中での楽しさもありますけどね。

 

それはさておき、
今回はトレンド記事作成の流れについて、
僕なりの進め方をまとめます。

 


僕のトレンド記事の流れ

僕のトレンド記事作成は、
基本的に下記の流れでやってます。

 

①ネタ探し
②キーワード選定
③タイトル決め
④記事作成
⑤画像収集と挿入
⑥文章の装飾

 

色々と自分なりに試行錯誤を繰り返した末に、
行き着いたのがこんな流れでした。

時間で換算すると大体①~③で10分~20分、
④で15分~20分、⑤⑥で5分程度で、
トータル40分程度で作成してました。

 

最近は少しスピードが鈍ってるかもしれませんが。。。

ただ、ネタ探しやキーワードについてはまとめて探すこともあり、
時間をならすと一記事40分程度という感じですね。

 

時間への意識の重要性

敢えて時間を書いたのは、
時間への意識を持つことが重要だからです。

記事ネタも見つかる時は見つかるし、
見つからない時は見つからないんですよ。

 

絞り出すように、ひねり出すように探して、
そこで力尽きたりしては意味が無いので、
そういう時はバッサリ諦めるのも1つじゃないでしょうか。

 

ただ、継続はやはり必要なので、
集められる時に記事ネタを集めておくのもテというか、
それが結構大切です。

 

少し先の未来予測ネタであれば、
1日2日書かなくてもそこまで大きな影響は無いので、
ネタに不安がある場合や、ある程度ペースが掴めてきたら、
そういう計算もアリじゃないかと。

 

そして記事作成そのものにも、
できれば余分な時間はかけたくないところです。

トレンドはただでさえたくさんの記事を書く必要があるので、
一記事に時間がかかると非常に効率が悪いんですよね。

 

僕のペースまで行くのは時間がかるかもしれませんが、
せめて一記事1時間を目指しましょう。

どこに時間がかかっているかを調べておくと、
対策を打てるので良いと思います。

 

タイピングが遅いなら、
声で入力ができるソフトなんかもありますしね。

そしてこの作成の流れというのは、
あくまでも僕の一例です。

 

最初はこれでやってみるのも良いでしょうが、
自分なりの効率の良い方法を探すといいんじゃないでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • トレンドサイトの滞在時間を伸ばすには?サイドバーやネタ記事が大事

  • Xサーバーにワードプレスをインストールする手順を徹底解説!

  • 独自ドメインとは?種類や費用はどのくらい?取得や設定の方法は?

  • トレンドサイトにはXサーバー!オススメの理由と他サーバーのリスク

  • FastStone Captureの入手方法や使い方を動画付解説

  • ツイッターブレインって結局どうなの?フォローマティックとの差は?