1. TOP
  2. トレンドサイトの記事は、現在・過去じゃなくて未来の視点が大事!

トレンドサイトの記事は、現在・過去じゃなくて未来の視点が大事!

メディア構築 この記事は約 3 分で読めます。

経験の浅い方が陥りがちなんですが、トレンドの記事ネタを探してもらうと、現在起こっていることに目を向けがちです。
これはもしかしたら、実績を出せてない人にも当てはまるのかもしれませんが。

まだアクセスを集められてないサイトだけでなく、トレンドサイトの記事を書く上では、あくまでも未来の視点が大事です。


未来予測と未来の視点?

トレンドサイトの記事には、大きく分けて2つの種類があります。

1つは速報と呼ばれる、いわゆるスピード勝負の記事。

ただこれはそういう環境にいないといけないですし、インデックスの遅い初期の段階では、なかなかアクセスを集めるのが難しいです。

 

2つ目は未来予測と言われる、これから起こることを書いていく記事。

以前にAKB高橋みなみさんの記事を書きましたが、これも未来予測として書けるネタです。

 

一般的にはテレビ番組のゲストや、新ドラマの情報などがネタとしてはよく上がります。
僕は副業でやってるので、どちらかと言えば未来予測の方が得意ですし、まずはやっぱり未来予測を書いてもらうようにしてます。

時間に余裕があるなら、ガンガン速報を狙ってくのもテだとは思いますけどね。将来的には速報も書けないと、息の長いサイトにはならないですから。

 

ネタ探しあるある

でもネタを探してもらおうとすると、慣れてない方は現在進行形のものを負いがちなんですよね。

つい最近あったこととしては、「年末年始に結構色んな番組に出てたから、ビッグダディの記事を書こうと思う」という感じ。

 

失礼ながら、ビッグダディバブルはもう弾けてると思います(笑。
バイキングも卒業しちゃいましたし、特別トークが面白いわけでもないので、それこそもう一回火事でも無いと話題にならないんじゃないかと。

というような、先のことを考えるべきなんですよね。

 

今は話題になってたとしても、これからもそれが続くのか?
そこまではいかなくても、ある程度のアクセスを集められるのか?
それを考えるだけで、キーワードやネタ選定能力は磨かれます。

 

その方はそれを教える僕がいたので記事を書かなかったですが、誰にも教わらずに記事を書いてたとしたら、多分この記事を書いてたと思うんですよ。

そしてそれが正しいのかどうかもわからず、その後も同じようなネタを探していく。
アクセスが集まらなければまだ良いんですが、なまじアクセスが集まっちゃって、それが正しいと思う方が始末が悪いですね。

 

どっかの有名な情報商材や、アフィリエイターのメルマガには書いてるかもしれないですが、教えてもらわないとやっぱ身に付かないですよ。
僕はしっかりと教えていくので、少しでも引っかかった人は、下記フォームから登録を待ってますね。

メルマガだけでなく、スカイプはいつでもオープンなので、登録後は気軽に声かけてください!

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • アドセンス広告を記事途中に挿入するには?一番手軽な方法!

  • たかみなAKB卒業で、トレンド記事をどう書く?後継者や今後は?

  • 外注のメリットとデメリットは?手動から自動化への道のり

  • FastStone Captureの入手方法や使い方を動画付解説

  • アドセンス取得できない奴ちょっとこい。審査を通過するコツのまとめ

  • グーグルの恐ろしすぎるペナルティ!警告の内容やその種類は?