1. TOP
  2. アマゾンで出版した自作の電子書籍「夏幻」の感想を頂きました。

アマゾンで出版した自作の電子書籍「夏幻」の感想を頂きました。

メディア構築 この記事は約 4 分で読めます。

何年越しだろう、
「ああっ女神さまっ」を読破しました。

巻数は48巻なので大したことは無いんですが、
月刊誌なだけあって、連載期間はめっちゃ長かったですね。

それはさておき、今回は僕の小説に頂いた、
温かい感想をご紹介させてください。

頂いた感想

アマゾンで電子書籍を出版したことは、
前回記事でまとめた通りです。

 

パラパラと買ってくれた報告はもらってるんですが、
ガッツリ感想を聞けたのは初めてだったので、
シェアさせて頂きます。

 

引用ここから~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アタシ、缶コーヒーは飲まないんですが、飲むときは「エメマン」にしよう!と思います^o^
(エメマンで乾杯シーンで泣いてしまいました)

個人的には、エメマンが出てくる『或る音楽家のこと』と『夏のお嬢さん』が好きです。
(夏のお嬢さんの、お母さんの最後のセリフが印象的)

あと、表題の『夏幻』の紀子さんは、もっと、おどろおどろしい展開を予想してしまいました(笑)
(世にも奇妙な…的な)

最後に…
『誰でも出版できる』ことにワクワクが止まりません‼️
ありがとうございます(#^.^#)

引用ここまで~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ありがとうございます。

 

本当に気付いてほしいこと

感想をくれたのは森本直美さんという、
フェイスブックで色々交流を持たせてもらってる友人です。

ご自身では、無邪氣オトナ増幅計画Blog
というのを運営されています。

2015-05-25_220502

 

森本さん自信も、
きっと近い内に出版をされることでしょう。

そんなきっかけになれたとしたら、嬉しい限りです。
僕も感想をもらえて嬉しい。
ウィンウィンですね。

 

小説の感想をもらえるのはもちろん凄く嬉しいんですが、
やっぱり森本さんみたいに、出版に対してワクワクしてもらって、
自分もやってみたいって思ってもらえるのは最高ですね。

まさしくそういうのを狙って出した本なので。

 

原稿さえあれば、書くネタさえあれば、
今日この瞬間からでも作家になれます。

何度も言ってるんですが、「自称」じゃないですからね。

僕も昔自分のサイトに小説を載せて、自称作家を気取ってました。

 

そして、いつか出版社から声がかかるのを待ってましたが、
誰もにそんなチャンスは無いんですよね。

でも今なら、自分で自分の本をAmazonに並べられます。
あなたにも是非、可能性を感じてもらいたいです。

PS

ああっ女神さまっがスタートしたのは1988年で、
終わったのは2014年なので、26年間ですね。
僕も年を取るわけですw

最後は綺麗に終わってるとは思うんですが、
もう少し後日談的なものが見たかったですね。

 

せっかくあれだけの長期連載で、
アニメとか映画もやってたんですから。

とはいえそのうち、実写の話とか出そうでちょっと怖いですw

 

PS2

この記事への感想やご意見は、↓から気軽にどうぞ。
※タイトルには「自称小説家」って入れてくださいね。

もちろんこの記事以外のことでもOKです。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • アドセンス広告には枚数制限がある?広告配置のポイントは?

  • グーグルにペナルティを受けた後の再審査のやり方を画像付きで解説

  • ユーチューブで爆発したトレンド記事を分析・解説してみた

  • ユーチューブで爆発したトレンド記事を分析・解説してみた水沢アリー

  • トレンドサイトのキーワード選定に大いに役立つ2つのサイト!

  • SEO対策の重要性を改めて知った出来事