1. TOP
  2. 結果よりも過程が大事。

結果よりも過程が大事。

思考・マインド この記事は約 3 分で読めます。

「結果よりも過程が大事」
って、なんだかできない人の言い訳みたいに聞こえますが、
個人的にはそんなことも無いんじゃないかと思います。

というか、最近そう思えるような出来事がありました。

 


結果を出すために必要なことは?

結果を出すためには、
当たり前ですが事前に準備をしたり、
チェックをしたり、
作業をしたりする必要がありますよね。

 

過程無くして結果はありません。

とはいえ過程だけで満足しちゃうのも、
もちろん違いますけどね。

ただ、結果を重視するより、
過程を大切にする方が個人的には良いんじゃないか、
と思います。

 

上司との話で気付いたこと

先日上司と話をしていた時に、
前に居た会社では日経のニッチな記事のプレゼン、
あとは面白いアイディアのプレゼンを
定期的にやっていたって話をされました。

 

大変だなーとは思いますが、
これって凄く大切ですよね。

ただプレゼンをやれば良いってわけじゃなく、
もちろんプレゼンのためにはネタが必要です。

 

となると、自然とネタを探しますよね。

それだけじゃなく、
普段の行動も「これはネタになる」とか、
「プレゼンでこの喩えを使おう」とか、
アンテナも敏感になるんじゃないかと。

 

普通に生活してると、
なかなかそうはいかないですよね。

アウトプットのためのインプット、
誰かにシェアしようという気持ちを、
常日頃持つという意識が大切なんだと思いました。

 

左利きは、天才が多い?

いきなりですが、
左利きには天才が多いって良く言われますよね。

 

これって、どうしてだと思います?

 

まあ、諸説あるそうですが、
1つの要因としては「普段から思考が鍛えられてるから」
というのがあるそうです。

どういうことかというと、
世の中の仕組みは、基本、右利きのために作られてます。

 

八割以上が右利きなので、
仕方ないといえば仕方ないんですけどね。

右利きだと気付かないかもしれないですが、
自動改札、自動販売機、定規、問題集やはさみなどなど、
左利きにとっては相当不便なんだそうで。

 

左利き用のものを使う手もありますが、
自動販売機や自動改札はどうしようもないですよね。

そうなるとどうなるのか。
自分で考えて工夫するしかないというわけです。

 

そして、基本的に右利き向けに作られてるってことは、
ほぼ毎日毎時間、そういう思考が働いているってこと
なんですよね。

普段から考えること、過程を大事にすることで、
ひいてはそれが結果に繋がるんじゃないでしょうか。

 

PS

この記事への感想やご意見は、↓から気軽にどうぞ。
※タイトルには「過程」って入れてくださいね。

もちろんこの記事以外のことでもOKです。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「人は見た目で九割決まる」に根拠はある?メラビアンの法則って何?

  • 商品を売る時に伝えるべきことは?売り込みのための2つのポイント

  • JJからJKに成長!商材の選び方、見極めるための5つのポイント!

  • ネットビジネスも結局はコミュニケーション。人との繋がりを意識する

  • トレンドにおける投資の重要性!無料で何でも済ますのは危険?

  • 「人を見た目で判断するな」は間違ってる。と、僕が思う3つの理由