1. TOP
  2. ゴール設定の重要性。そこを過程にするか、結果にするか。

ゴール設定の重要性。そこを過程にするか、結果にするか。

思考・マインド この記事は約 4 分で読めます。

ゴール設定って大切なんだなって、
最近改めて思います。

ゴールというか、短期目標というか、

人によっては抽象度なんて表現することもありますけどね。

 


ビリギャルに学ぶ哲学

どっかで書いたかもしれませんが、
僕は最近ビリギャルに痛く感銘を受けました。

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 【表紙モデル写真〈カラー16点〉追加の電子特別版!】 (―)
 

ビリギャルはタイトルの通り、
学年ビリのギャルが、
慶應大学に現役合格するという、
シンデレラ・ストーリーです。

もちろん本人の頑張りや、
環境なんかは大事だったと思います。

 

でも僕は、
これもゴール設定のたまものだと思うんですよね。

これが、
「現役で大学に合格する」
だったらブレてたと思うですよ。

 

それ以外も、
「偏差値を上げる」とか、
「英語を頑張る」とかでも。

 

慶應という目標があったからこそ、
やるべきことも凄く明確になって、
無駄なく力を加えられたんじゃないかと。

そして当たり前ではありますが、
その過程では英語を頑張らないといけないし、
偏差値も上げなきゃいけないわけです。

 

そういうゴール設定をすることで、
「偏差値を上げる」とか「英語を頑張る」
とかの条件をクリアしてるので、
期せずしてそういう人たちよりも、
かなり先をいけることになるんです。

 

ネットビジネスも同じ

僕が歩んだネットビジネスの道でも、
同じようなことが言えるなって最近思いました。

 

僕が実績を出したネットビジネスは、
トレンドアフィリエイトという、
グーグルのアフィリエイト広告を使った手法です。

詳しくはこちらをどうぞ。

 

僕に言わせれば、
「独自ドメインでオリジナルサイトを作って、
定期的に記事を書いていくだけ。」

ってことになります。

 

でも分解していくと、
・グーグルアカウントを作ったり
・アドセンスの審査に通過したり
・審査のためにブログ記事を書いたり
・ワードプレスでサイトを作ったり
・サーバーの契約をしたり
などなどの工程に分かれていくわけです。

 

やっている時も苦労を感じなかったわけじゃないですが、
教える立場になると、かなり早い段階で挫折しちゃう人が
多いことに驚きます。

 

ちゃんとやれば必ず成果は出るのに。

 

トレンド記事を書き始める段階にすらいたらず、
オリジナルサイトを作る段階で挫折したり、
作ったものの、無料ブログと勝手が違いすぎて挫折したり。

 

とはいえ、よく考えるとそれも仕方ないかも、とも思います。

僕はかなり昔からパソコンをいじってましたし、
15年前くらいから自分のHPを持ってました。

 

プログラマもやってたので、
サイト作りの知識の下地があったことは大きいのかも。

 

でもだとしたら、
もっと頼ってほしいなあ、って思います。

なんのための先輩なのかと、
自分でちょっと悲しくなりますね。

 

どうしても作るのが大変だというなら作成代行とかもしますし。

そうでなくても質問されれば、
いくらでも応える気持ちは持ってます。

 

お気軽にどうぞ!

何だか衝動的に書いたので、
まとまってなかったらすみません。。。

 

PS

この記事に対する質問や感想は、
下記から気軽に送ってください。
※タイトルには「ゴール」って入れてくださいね。

この記事以外でももちろんOKです。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ひゆきさんと飲みに行ってきました。

  • 卵が先かにわとりが先か。自分のゴール設定やその先にあるものは?

  • 「人を見た目で判断するな」は間違ってる。と、僕が思う3つの理由

  • 自由は本当は難しくて大変なもの?その意味や解釈は?目指すべき目標

  • つちやかおりの事故の現場に思うこと。人はそんなに器用じゃない?

  • タイムイズマネー。時間はお金で買えないを意識するのは自分にだけ?