1. TOP
  2. TinyMCE Advancedでカンタンに文字装飾機能を追加

TinyMCE Advancedでカンタンに文字装飾機能を追加

ワードプレス この記事は約 3 分で読めます。

同じふうに酒を飲んでるつもりでも、酔っ払うレベルが違うのはなんでなんでしょうね。
量とかちゃんぽんだからだけじゃなく、他にも要因がある気がします。

それはさておき、今回はワードプレスでの記事投稿の大きな味方になる、TinyMCE Advancedというワードプレスのプラグインについてご紹介します。

TinyMCE Advancedはどんなプラグイン?

まずどんなプラグインなのかというと、ブログで記事を書く時の文字装飾や見出し作成のアイコンを表示してくれるプラグインです。

「なんのこっちゃ?」かもしれませんが、デフォルトのワードプレスの新規記事作成ページはこんな感じです。

 

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91
 

ですがこのプラグインを入れることにより、このように変わります。

2016-10-20_113232

 

しかもアイコンは追加したり削除したり、並び替えることもできます。

 

ワードプレスの記事投稿は「ビジュアル」と「テキスト」という2パターンがあり、「テキスト」については、AddQuicktagというプラグインを使うことで、デフォルトには無い文字装飾のボタンの追加はできます。


 

そしてこのプラグインは一応ビジュアルでも呼び出すことはできるんですよ。

2016-10-20_114316

 

ただ、若干設定が面倒ですし、ソースコードとかよくわからない人には少し難しいかもしれませんが、TinyMCE Advancedであれば、基本的にはプラグインをインストールするだけでOKです。

 

ただ有効なのは「ビジュアル」で編集している時だけですので、その点は注意が必要です。

 

TinyMCE Advancedのインストール方法

ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」をクリックし、

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b92

 

検索バーに「TinyMCE Advanced」と入力すると、

2016-10-20_114805

 

検索結果が出てきますので「今すぐインストール」をクリック。

2016-10-20_114813

 

その後「有効化」をクリックすれば、インストールは完了です。

2016-10-20_115144

 

ここまでで、先ほどご紹介した画像のような編集のアイコンが追加されています。

 

TinyMCE Advancedの設定方法は?

そこからさらにカスタマイズしたい場合には、「設定」→「TinyMCE Advanced」をクリックすると、

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b93

 

このようにカスタマイズできる画面がありますので、必要なものを追加したり、不要なものを削除しましょう。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b94

 

ただ、デフォルトのままでも使い勝手は悪くないと思いますし、必要な機能は入っているはずです。少なくとも僕自身はデフォルトのまま使っていますので。

 

PS

この記事への感想やご意見は、↓から気軽にどうぞ。

 

※タイトルには「文字装飾」って入れてくださいね。

もちろんこの記事以外のことでもOKです。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • まとめ・比較サイトに最適のShortcode Star Rating

  • PS Auto SitemapでSEO対策+検索性アップ!

  • WP Nofollow Postでnofollowを自動挿入!

  • 【2016最新版】ワードプレスで入れておくべきプラグイン22選!

  • ハロウィンパーティーと仮装と魔法使い。世界の広さとびっくり箱の夜

  • TCD013のカスタマイズ方法!関連記事や画像の表示方法は?