1. TOP
  2. メディア構築
  3. 失敗しないサーバー選びと、鉄板の独自ドメインとは?

失敗しないサーバー選びと、鉄板の独自ドメインとは?

メディア構築 この記事は約 6 分で読めます。

どうも、安宅です。

今回は、サーバーとドメインについてのお話です。

サーバー選びなら、エックスサーバー一択

以前の記事で、

サーバー=土地
ドメイン=住所

だとお伝えしました。

 

インターネット上にあなたのオウンドメディアを作るためには、まずそれを作るための場所が必要であり、それがサーバーということですね。

 

サーバーは、

・レンタル
・自作

という2つの選択肢がありますが、当然のことながら自作はハードルが高すぎます。

というか、僕もそんなことはできないですし。。。

 

そしてサーバーをレンタルするにしても、

・共用サーバー
・専用サーバー
・VPSサーバー

など、色々と種類があります。

下に行けば行くほど、徐々に自由度と難易度が上がっていくイメージですね。

 

色々と種類はありますが、個人的にはエックスサーバー一択だと思っています。

 

エックスサーバー

サーバーをいじくるスキルよりも他に、磨くものはたくさんある

なんだかんだで僕も、いくつかのサーバーを使う機会がありました。

VPSサーバーを任された時は、色々ググってなんとかしようとしたものの、難しすぎて結局専門家にお願いした苦い経験もあります。

 

専用サーバーやVPSサーバーは、素人が手を出せるものではないですね。

もちろんあなたが専門家であるなら良いと思いますが、そうでなければどんなに良いものだと言われていても、お金の無駄遣いになる可能性が高いです。

 

というか、オウンドメディアは基本的に文字や画像のコンテンツがメインですので、サーバーをいじくる必要性はあんまりないです。

できるに越したことはないですが、それによってアクセスや収益に大きな影響はないので、余分な時間はかけないようにしましょう。

 

それよりも他のことに時間を割いたほうがよっぽど有益です。

ただ、だからと言ってなんでも良いわけではありません。
実際僕は、「なんでも良いや」と思って痛い目に遭っていますので。。。

 

半沢直樹での快挙と、ほろ苦すぎる機会損失

あなたは、”半沢直樹”というドラマを知っていますか?
2013年放送のドラマで、最終回では42.2%という、今では考えられないような高視聴率を叩き出したドラマです。

初回の視聴率は19.4%でしたが、そこからうなぎ上りに上がり続けた珍しいドラマとも言えるかもしれません。

 

そして、半沢直樹には原作となる小説があります。

池井戸潤さんの「オレたちバブル入行組」「俺たち花のバブル組」という2作品が題材になっており、今では「半沢直樹シリーズ」になっていますが、当時は「俺バブシリーズ」と呼ばれていました。

 

そのため実際に物語の主人公ではあるものの、”半沢直樹”というキーワードはドラマが放送される前の時点で、そこまで知名度の高いものではなかったんです。

 

僕はそこに目をつけ、”半沢直樹”を押し出して記事を書きました。

ドラマは7月スタートでしたが、僕が放送の情報を知ったのは5月であり、早い段階で記事をアップできたのも良かったんでしょう。

 

なんと、放送当日に”半沢直樹”で検索すると、僕のページは検索順位3位だったんです。
すぐ上は、半沢直樹の公式サイトという状況。

初回で約20%の視聴率を獲得するドラマ。
原作があるなら原作とか、今後のキャストとか、皆さん詳しいことを知りたくなりますよね。

 

当然僕のサイトには、とんでもないアクセスが集中しました。
そして、サーバーがダウンしました。。。

当時さくらサーバーという少し安いサーバーを使っていたんですが、アクセスの集中に耐えきれず、ページを表示できなくなってしまったんです。

 

その時以上のアクセスを集めても、エックスサーバーはダウンしたことがない

なので当日十分なアクセスを集めきれませんでしたし、そんなサーバーを使い続けようとも思わないので早々に移転することに。

移転作業中はアクセスができなくなりますし、本当はもっとアクセスを集められたことを考えれば、この件での機会損失は非常に大きなものでした。

 

一度大きなアクセスを集めるとサイト自体が強くなりますので、僕のサイトの成長もより一層加速していたはずですしね。

そんなことがあって、その後は詳しい人に教えてもらったエックスサーバーに移転したんですが、移転後サーバーがダウンしたことは一度もありません。

 

その時以上にアクセスが集中する機会は何度もあったのに、です。

そういうわけで僕は、エックスサーバーをオススメします。

 

エックスサーバー


【今さら聞けない】ドメインについての基礎知識

そして次に、ドメインについて。
あなたは、ドメインって何かわかりますか?

平たく言えば、ドメインはURLのことです。

 

ヤフーであれば、yahoo.co.jp。
フェイスブックであれば、facebook.com。

ドメインには「.co.jp」「.com」の他に、「.net」「.jp」「.info」などなどあり、現在では「.tokyo」なんていうドメインもあります。

 

値段はピンからキリまでで、大体年間1,000円〜5,000円くらいでしょうか。
月ではなく、年です。

基本的には1年更新ですが、希望であれば複数年契約もできます。
ただ、複数年契約したからといって割引はないので、1年単位の更新で良いんじゃないかと。

 

ドメインは基本的に好きな単語で取得できますが、すでにどこかで使われているものは取得ができませんので、その場合はあきらめるか、近い言葉を探すしかないですね。

 

ドメイン取るなら「.jp」か「.co.jp」

ドメインの長さも特に縛りはないですが、理想的には10文字以内が良いと言われています。
今時URLを入力してアクセスする人も少ないとは思いますが、覚えやすいというのはありますので。

あとは、ドメイン名とサイト名は同じほうが良いです。
ユーザーにもGoogleにも不信感を与えかねませんから。

 

一応エックスサーバーを契約すれば自動で1つドメインがついてきますし、「.com」「.net」など安価なドメインであれば、エックスサーバー契約時に無料で1つプレゼントしてもらえます。

でも僕は、個人なら「.jp」
企業なら「.co.jp」をオススメします。

 

理由は、

・セキュリティレベルが高く、世界一の安全性
・一部上場企業の98%は「.co.jp」
・登記のある企業でないと登録できない

という3つ。

 

あとは単純な話ですが、「.jp」のほうがなんだかちゃんとしている感じがしませんか?
僕のサイトは今「.net」ですが、ドメイン名自体も古いので、取り直しも検討しています。

 

それにあなたが情報発信を考えた場合にも、「.jp」のほうがメールの到達率は高いです。

お伝えしたとおり年間で5,000円程度ですので、月に直せば500円もいきません。

サーバー代と合わせても2,000円以内ですので、そのくらいは必要経費と思ってもらえると嬉しいです。

 

 

30日間で資産構築サイトを作るプログラムへのお誘い

30日間で資産構築サイト=オウンドメディアを作るプログラムを始めました。

登録の特典として、プレゼントを3つご用意しています。

 

1:【初期投資ゼロ】手っ取り早く5万円稼ぐ方法

何事もまずは資金から。
過去に作成したものですが、タイトル通り初期投資ゼロでもカンタンに5万円稼ぐための方法をレポートにまとめています。

 

2:ツイッターAtoZ (74ページ)

特に初期のアクセス集めにツイッターは非常に有効です。

AtoZの名の通り、ツイッターアカウントの作り方からプロフィール作成のコツ、フォロワーの増やし方などを、74ページに渡って詳しくまとめたレポートです。

 

こちらも過去に作成したものではありますが、現在でも十分に活用できます。

 

3:スカイプでの個別コンサル (2時間×1回)

通常コンサルは1時間5,000円で受けていますが、2時間分、つまりは実質10,000円を差し上げます。

1年間で10以上のクライアントに携わり、アクセスや売り上げアップに貢献してきたノウハウをお伝えさせていただきます。

あとは、狙ったキーワードで1位を獲る方法も。

 

ご登録をお待ちしております。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • アマゾンで出版した自作の電子書籍「夏幻」の感想を頂きました。

  • トレンドサイトにはXサーバー!オススメの理由と他サーバーのリスク

  • 独自ドメインのメールアドレス取得方法は?無料で無制限に運用可能?

  • 外注のメリットとデメリットは?手動から自動化への道のり

  • アマゾンでの電子書籍出版のやり方。僕が作家になった一部始終

  • トレンドは一日にして成らず!アクセスの伸び方の法則性は?